辻日記

JB津風呂湖最終戦を振り返る。

年間暫定2位で向かえた最終戦。トップと1ポイント差で追う展開。今回の試合だけは自分でもビックリでプレッシャーを感じていた。ヤバかった。チャプター最終戦をホゲッた事も関係していたと思う。時間が許す限り湖に浮きプラクティスを行っていた。昨年のJB津風呂湖最終戦。ゼロ申告でタイトルを取る事はできなかった。昨年と今年も一緒の考えだったが1番しか意味がない。常に意識して来た。2番は嫌だ。プラクティスをこなして行くが湖の状況は本当に厳しい。魚を狙って取れるエリアは限られていた。1級エリアから少しでもハズれるとおこぼれしか釣れない。入れ食いかたや全然釣れない。津風呂湖シリーズはフライト順が決まっているので自分より先のフライト選手が何処のエリアに入るかもかなり考えてプラクティスをしていた。本当に大変だった。マーカーを打つ選手も要るだろう。試合当日は右筋上流域で勝負。大船団だ。1日かけてキーパー1匹。終わったと思ったがこの1匹…たった1匹のキーパーで年間タイトルを取る事が出来た。自分の人生で一生忘れる事のない魚になりました。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/13(木) 12:46:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クラシックを振り返る。 | ホーム | 津風呂湖チャプター最終戦を振り返る。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://turikitituji.blog111.fc2.com/tb.php/307-618974be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)