辻日記

津風呂湖。

冬の津風呂湖をやりきった。フィールド状況はトップクラスの難しさで結果が出る事はなかった。津風呂湖問わずまるまる1年四季を通して同じフィールドに浮いたのは釣り人生初です。自分の考える冬の釣り。やりきったからこそ経験になると思います。冬~春へ水位の増水傾向、水温変化~最低水温、各筋の地形の違いによる特色、まだまだたくさん学ぶものがありました。マジで面白すぎです。簡単ではない痺れる1本を取るために全力で湖に浮き考える。ヤッホー(*^_^*)
スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 19:00:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

津風呂湖。

最低水温期の津風呂湖。寒波到来で雪も積もり厳しい1日でした。ベイトとのレンジ、水温変化もホント激しく絞りづらい状況。この日はディープレンジを中心にチェックして行きましたが反応なく終了。この日も10数人が湖に浮いていましたが釣ったのはただ1人。持ってますね。確率が低すぎます。冷静に今週末はどうするかな。まだまだ考える。春バスはいらねぇ~冬バス求む。
  1. 2014/02/19(水) 19:46:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

津風呂湖。

2月の1週目は春を感じさせる暖かい天候で期待したものの厳しかった。夕方のシャロー攻めでは可能性を試してみたが反応なく。表水温は少し変化が見られた。そして先週末は真冬に逆戻りというか本来の2月を感じた。雪溶けの影響も多少なりあるかな。定番、定説、当たり前の攻めをして反応なく。さてどうしようかな。早よ釣らんと春なってまうがな。絞り込めないエリア、タイミング、釣り方、どれに変化を持たそう。どっち付かずの展開は避けたい所。考えよう。
  1. 2014/02/12(水) 20:07:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0